似顔絵ケーキおすすめ通販|料金と評判を比較して選ぶ!

MENU

似顔絵ケーキは宅配がおすすめ

似顔絵ケーキおすすめ

誕生日にパーティーを開く時などに、似顔絵がデコレーションされたケーキを注文してみんなで楽しむことができます。最近はスマホで撮影した写真を送信して注文をすると似顔絵ケーキを作ってくれるお店があり、人気を集めています。ケーキ職人が写真を見ながら絵を描く場合もありますし、食品用のプリンターで印刷をするケースもあります。いずれの方法でも似顔絵ケーキはオーダーメイドなので、世界に1つしかありません。そのため似顔絵ケーキが完成して購入した後に持ち帰る際は、途中で潰したりしないように注意しなければなりません。キャラクターケーキの値段は1個あたり4〜6千円もするので、お店で受け取ってから家に持ち帰る時に潰してしまったら大損害です。似顔絵の部分はチョコレートやクリームなどの溶けやすくて柔らかい食材で細かい線が描かれているので、移動中の振動によって線が崩れてしまう恐れもあります。

 

似顔絵ケーキを注文する場合には、宅配サービスで自宅まで届けてもらう方法が一番おすすめです。宅配便であれば、プロの配送員が責任を持って自宅まで届けてくれるからです。似顔絵ケーキを作ってくれるお菓子屋さんは少ないので、自分で取りに行く場合には遠方まで行かなければならない場合があります。ケーキは生菓子なので冷凍状態で保管しなければ形が崩れてしまうため、保冷状態を保ちながら短時間かつ丁寧に運ぶ必要があります。ケーキは冷凍状態で自宅に到着した後に、冷蔵庫で解凍してから食べることになります。宅配便を利用すれば保冷車で冷凍状態を保ちながら輸送されるので、移動中にケーキに描かれた似顔絵が崩れてしまう心配がありません。

 

誕生日や記念日に似顔絵ケーキをプレゼントする場合には、到着日と時間を指定しなければなりません。宅配便を利用すれば配送時刻を細かく指定することができるので、指定された日時に到着するように注文したケーキを作って発送してもらえます。

キャラクターケーキは宅配がおすすめ

似顔絵ケーキ宅配

子供の誕生日にはバースデーケーキを購入して盛大に祝うものです。ただ、そのケーキがそこらへんのスーパーやケーキ屋で販売しているものだと、子供をがっかりさせてしまうかもしれません。そうならないためにも、宅配をしてくれるキャラクターケーキを注文することをおすすめします。キャラクターケーキというのはアニメや漫画のキャラクターをケーキの上に印刷してもらうものとなっています。既存のものから選ぶだけのところもありますが、最近では自分の好きなキャラクターをなんでも印刷してくれるところがたくさんあります。ですので、お子さんの一番好きなキャラクターを聞いておいて、誕生日の日に披露すればとても喜ぶこと間違いなしです。また、通常は機械的に印刷をして終わってしまうところが多いですが、手書きでデザインしてくれるところもあります。デジタルなものと違って温かみを感じられるところが大きな特徴となっており、アットホームな雰囲気を子供に感じてほしい場合はこちらのほうがいいでしょう。

 

キャラクターケーキを宅配してもらう利点はもう一つあります。それはクオリティーの高いものを手に入れることが出来る点です。一般的に自分の家の周りにたまたま材料にこだわっていたり、美味しいものを作っていたりするところがある場合は少ないといえます。ですが、インターネットを利用して注文するものに関してはそんな心配は無用です。日本全国からケーキを取り寄せることが出来るので、誕生日にふさわしい美味しいケーキを手に入れることが出来ます。基本的にキャラクターケーキは冷凍されて配達されます。ですので、遠いところから配達されても型くずれしにくいので、デザインが崩れにくくなっています。むしろ、近くで購入するよりも宅急便の方に運んでもらったほうが安心できるといえます。このように、キャラクターケーキは宅配をしてもらうのがおすすめです。お子さんの誕生日が近づいてきたらぜひ検討してみてください。

ウエディングケーキの選び方とは?

似顔絵ケーキ誕生日

ウエディングケーキの選び方には、予算や希望など様々な条件があります。価格は大きさや使われている材料によりますが、一人あたり千円前後で計算するのが相場です。つまり、これより安ければコスト重視で、逆に高くなるほど質を追求したウエディングケーキが選べることになります。ゲストの人数を計算して予算を割り出したら、次はウエディングケーキに希望する条件のリストアップです。ケーキのタイプや使われている果物の種類、あるいは飾り付けなどが検討に値する条件です。美味しいウエディングケーキを希望するのであれば、味や質で評判の良いケーキ屋さんに依頼するのがベストです。

 

旬の食材を使っているケーキ屋さんなら、誰が口にしても美味しく感じられるウエディングケーキに期待できるでしょう。ただ希望や条件は人によって異なるので、中には味よりも見た目重視で選びたいという場合もあります。そういった時は、シンプルなデザインで入刀目的に作られている、イミテーションタイプが選択肢に入ります。デコレーションは最小限で、大きさを重視して作られますから、残せるインパクトは大きいのにコストが低い結果にも繋がります。ウエディングケーキよりも料理に注力、そんなニーズにも応えてくれる選択肢です。結婚式に合わせて作られるフレッシュケーキは、ウエディングケーキの代表で主流となっています。その特徴は鮮度重視で、作り立てをゲストに振る舞えるのが他のタイプにはない魅力です。

 

果物を多めにしたり拘りの飾り付けをしたいなど、ある程度は柔軟に要望を聞き入れてくれます。鮮度を大切にするウエディングケーキなので、コスト面は他のケーキに劣りますが、それ以外の部分は十分に上回ります。つまり改めて選び方のポイントを考えるとしたら、価格や質にデコレーションの有無などが挙がります。既存のデザインの商品を選ぶのは簡単ですし、コストが抑えられる可能性は高めです。相談しながら決められる本格的なタイプは、費用面には納得する必要があるものの、拘りを表現したりオリジナリティが採り入れられます。ケーキは思い出に残る結婚式のアイテムなので、希望する条件を確認して選ぶことが大切です。

おしゃれなおむつケーキ!内祝い&出産祝い

似顔絵ケーキ人気

お祝いごとの贈り物は選ぶのが難しいですが、昔は食器やお盆にタオルなどが多かった内祝いに出産祝い、貰っても使わずに終わってしまうケースが多くありました。相手のことを考えて選ぶことが大事で、より実用的であるおしゃれなおむつケーキは出産祝いで主流になっています。選ぶときはつい費用が掛からないものにしがちですが、あまり実用的なものではなくなる可能性が出てきてしまいます。

 

赤ちゃんが使うおむつをまるでケーキのように束ねて、レースなどで飾り付けがされているもので、人気があるのはウエディングケーキのように3段重ねになっているタイプです。カラフルなリボンやレースを使ったおしゃれなつくりに、メッセージカードを付けることが可能なものもあります。スタイにタオルなどがセットになっているものも、赤ちゃんがいる家庭では頻繁に使うため喜ばれています。他の人とダブったとしても、大量に消費するものは貰うほうも困ることがありません。衛生面を考え個包装になっているため、すぐに使い切らなくても清潔に保管しておくことが可能です。キャラクターがあしらわれ、人形が付いていたりバルーンが付いていたりするタイプは親御さんだけでなく、赤ちゃんにも嬉しいプレゼントになります。

 

内祝いや出産祝いで注意が必要なのは、サイズがあるときで特におむつは赤ちゃんの体型に合っていなければ使い勝手が悪くなってしまうでしょう。体が小さいのに大きいサイズを贈ってしまうと使ったときに漏れてしまう可能性があるため、ある程度成長するまで使えなくなってしまいます。もっと困るのは大きな体に対して小さいサイズのものを贈ってしまった時で、使うことができなくなってしまいますから体重や体型を確認しましょう。一般的に8kgくらいまではSサイズのおむつを使うことが可能で、Mサイズは6kgくらいから11kgくらいまで使うことができます。Lは9kgから14kgくらいにぴったりなので、当てはまっているサイズを選ぶとよいです。メーカーも確かめたほうがよく、通気性や漏れにくさテープタイプにパンツタイプなども比較し肌に優しく安心して使い続けることができるものを選びましょう。

梨&にんじんケーキ

似顔絵ケーキ口コミ

にんじんはカロテン類が豊富で、その他にもビタミンB、ビタミンC、カルシウム、鉄なども多く含んでおり、栄養的価値が高い食材といえます。一方、梨はそのほとんどが水分であり、食物繊維、カリウム、ソルビトール、アスパラギン酸、プロテアーゼなどを含みますが、ビタミン類はほとんど含んでいません。梨の糖度は11から14%程度のため、同じように甘みの強いにんじんと合わせて使うことで、お互いに相乗効果で特徴的な甘みをもったスイーツを作ることができます。いわゆるキャロットケーキなどがその代表です。

 

これらの食材でケーキを作る場合、にんじんは生のままでは甘みが少ないので、加工してスポンジ部分の材料として使い、梨はその食感を残したいのでそのまま、あるいはシロップ漬けのものをトッピングやケーキ内部の具材とするのが標準的な使い方です。最近のにんじんは青臭さはほとんどないので特に問題ありませんが、もし青臭さが気になる場合は、いったん火を通して甘みを引き出してから使うことで青臭さを消すことができます。すりおろしたりして小麦粉などと混ぜる場合、特に皮にはグルタミン酸やカロテンが多く含まれているので、皮をむかずにそのままいっしょにすりおろすことで、もれなくそれらの栄養素を取り込むことができます。

 

生のまま梨を使う場合、表面から水分がしみだしてくるので、アイシングして水分をそちらに吸わせたり、あるいはカラメリゼして水分を中に閉じ込めるなどの処理が必要になります。シロップ漬けのような加工済みのものを使う場合には、特に水分を気にすることなく使用することができます。また、梨には洋ナシと和梨がありますが、洋ナシの方が幾分食感が柔らかく、水分がそれほどしみだしてこないので、スポンジの間にクリームと一緒に敷き詰めたりする場合には使いやすいです。和梨は食感と水分を楽しみたいので、ケーキの上にカラメリゼしてトッピングしたりするのが適切でしょう。